◆心療内科の先生からみた、あがり症や緊張とは? /0037

あがり症について、心療内科の先生に相談したことがあります。「震えをなくそうと思ったら、もっと震えてくるんですよ。」とそのとき言われ、震えをなくしたい、緊張したくないと思っている私の思考を、完全に見抜かれたと思いました。そして、舞台の上ではタブーのような、思いつきもしない角度からのアドバイス。心療内科の先生からみた、あがり症や緊張とは?

クラリネット宮前和美


震えをなくしたい。緊張したくない。

 

私は緊張すると、指が震えてきます。

本番中、緊張からくる指の震えが怖くて、その震えやあがり症について心療内科の先生に相談したことがあります。

「緊張すると指が震えるんです。」と相談して、その先生にすぐこう言われました。

 

「震えをなくそうと思ったら、もっと震えてくるんですよ。」

 

そのとき、震えをなくしたい、緊張したくない、と思ってここに来た私の思考を、完全に見抜かれたと思いました。

もっともあがり症や緊張や震えに対して、「それをなくしたい」と相談をしに来る人が多いということらしいので、見抜かれたというより、相談してくる人に良くある考えを私が持っていたということなのですが、そのときは完全に見抜かれたと思いました。

 

震えないように吹きたい、あがり症でなく舞台に立ちたいと、緊張から逃げようとしたり、緊張をなくそうとすることが、逆に体をそうさせる。

アレクサンダー・テクニークで何度も出てくる「否定形は脳に通じない。」ということと同じ話でした。

「舞台で緊張しないようにしたい。」「指が震えないようにしたい。」と否定形を使って、私は逆に震えを増やすことになっている。

全く違うジャンルである医学の側面からも指摘され、本当に人の脳はそうやって働いてしまうのだと改めて思いました。

 

 


緊張しないためには?

 

でも、そのあと話してくれた内容は、楽器を吹いたり舞台に立ったりするときには、タブーのような、絶対言われもしない思いつきもしない言葉だったので、その瞬間頭の中を揺さぶられたようでした。

 

「緊張をしたくないなら、自分の能力でできる範囲のことだけを選んで、安全な生活をすればいいんですよ。」

 

え?!自分の能力で無理がなく、簡単なことだけ選ぶ?!

 

緊張を起こさないためには、チャレンジしなければいい。

 

演奏や舞台でチャレンジしないってこと?!

舞台で起こる緊張の局面に、向き合わなければいいって言ってるわけ?

どうやって緊張対策をすればいいのか相談したのに、それ自体をしなければいいって言うの?!

 

つまりそれは、

難しい譜面は吹かない。

自分の実力で、余裕で出来るようなことだけの本番をこなす。

失敗に寛容な環境や場所で吹く。

吹きたいと思う本番だけ選択して乗る。

舞台や人前で吹かない。

というようなことと同義だけど!

 


完全にありえない状況だけれど。

 

心の中で思わず反発していた私でしたが、

自分の能力でできる範囲のことだけを選んだ、安全な環境

と言われたその言葉をもう一度考えてみました。

確かに、完全にありえないこういう状況だけれど、もし仮にありえたら、緊張を避けられるのかもしれない。

こんなこと、考えようともしなかった。

ありえないことだけれど、よくよく考えてみたら、確かにそうだ!

緊張しそうであることなら、始めから選択しなければいいし、もしくは緊張して必死になっているときにはそれを投げ出し、やめれば、一緒につきまとう緊張ともさよならできる。

選択肢としては本来0ではないけれど、はなから除外していたので、その発想自体が私にとって新鮮で斬新なものでした。

 


音楽や演奏のレベルを下げる。

 

でもまたすぐ、問いかける自分が現れました。

そんなこと言ったって、舞台上でそれが許される?

仕事として引き受けている以上は無理に決まっている!

いやいや何より、演奏の放棄までしなくても、チャレンジするレベルを下げるなんてそれで私は満足なわけ?!

と。

コンマ何秒も経たないうちに、絶対無理だし、絶対嫌だと思う自分がいました。

 

こんな曲が吹きたい・こんなプレーヤーのように演奏したいと望むことは止められないし、毎回舞台が良いものになって欲しいと思っていれば、自分の能力の一番ベストで吹こうとする自分が出てきます。

音楽や、楽器をやっていたら、こうは思えない。

 


自分の限界ギリギリライン

 

そんな私を予想していたように、先生との話は、オリンピック金メダリスト、そして先日の世界選手権で史上初の4連覇を果たした羽生選手に移っていきました。

羽生選手のように、あれだけ完成度の高い素晴らしい演技ができる実力があっても、演技の前は手や足が震えるほどのプレッシャーがあり緊張する。

でもそれは、

「自分の能力の範囲でできることだけにとどまらず、挑戦をし続け、毎回試合のたび、自分の限界にギリギリラインで挑戦しているから、と言えますね。」

と。

 

テレビのドキュメンタリー番組の中のインタビューで、羽生選手が、『滑走直前までずっと音楽を聴いているわけ』を語っていたのを、同時に思い出しました。

 

「自分は弱い人間で、本番前にはプレッシャーに負けてしまうから、他をシャットアウトしないとダメなんだ。」「滑走直前までイヤホンで周りを遮断している。」

そんな風に、インタビューで答えているのを聞いたことがあります。

実際にイヤホンで対処をしているくらい、プレッシャーと戦っていることも、自分自身が弱い人間だという分析をしていることにも驚きましたが、そんなに神経質で敏感になるのは、羽生選手が毎回「羽生越え」に本気で挑戦しているからなのだと。

 


緊張のプロセス

 

実は私は、楽器が上手い人、芸に秀でている人、結果を出して活躍している人、そんな人たちが緊張すると言っていても、信じていませんでした。

 

でも!

緊張は、その人のパフォーマンスのレベルとは、本当に関係がない!

 

フィギュアスケートの世界で、羽生選手のようなパフォーマンスができても、世界が認めても、それでもなお緊張がつきまとうのは、自分の能力の限界のギリギリラインにいるということが、緊張のプロセス上、同じ仕組みだからなのです。

自分の新たなチャレンジをしていることが、動物の本能では、危険があるかもしれないことであり、できれば避けたいと思わせるネガティブなことでもある。

そのため、命に危険はないはずの舞台などで、緊張が生まれ、人によってそれが体の固さや震えとなるのです。

 

自分が成長をする環境や場所では、必ず緊張はするもので、緊張をなくそうという考えが誤りなんです。」

 

自分のできる限りでパフォーマンスしようとすれば、緊張は起こるものなのだと、その先生は言いました。

 


学んで手に入れようとしているものは?

 

私はとても勘違いしていました。

緊張をなくして演奏できる方法を、どうにかして探していたということです。

だから、楽器がもっと上手くなれば、緊張しないですむかもしれないという仮説の上に成り立った練習がありました。

でもいくら上達しても、緊張は手放せない。

 

根本的になくそうという考えが誤りで、緊張は起こって当たり前であり、むしろ自分が精一杯取り組んでいるというチャレンジの証でもあったのです

 

あがり症だからと、大きく緊張と一まとめにしてしまっているものも、毎回少しづつ違い、そのときの緊張と共に生み出していく意図が必要で、それによってそのとき、その瞬間、生み出される音楽と演奏があります。

毎回毎回その瞬間、緊張に向き合っていく。

緊張を、興奮するパフォーマンスに変えられるかどうかは、この向き合い方の違いなのです。

 


現実を受け入れているかが焦点。

 

下に書き出した項目に対して、「そうである」・「そうしている」と、本番中の自分はいくつ言えているでしょうか?

 

1、ベストを尽くそうとしているその自分がベストである。

2、緊張しているままの自分で演奏することに、本気でOKを出している。

3、震えている、怖がっている、緊張している自分の状態へのダメ出しをしていない

4、緊張している自分を、無くそう隠そうとしていない

5、どんな演奏をしたいかに向かって、瞬間瞬間の考えや行動を選択してる。

6、どう吹けばいいかという楽器奏法の自分のプランを持っている。

7、自分も相手と共に、相手も私と共に、この場所で演奏しようとし続けている。アレクサンダー・テクニークの先生キャシー・マデン先生からの学びより。

 

文章にするとこんなまどろっこしいことになってしまいますが、本当はシンプルで、現実の状況を受け入れきっているかどうかが焦点です。

私にとって、こうした問いに、迷いのない「する」・「YES」を繰り返し言える本番は、あがり症ではない自分で演奏できることが最近分かってきました。

 


緊張は興奮するパフォーマンス。

 

私は長い間あがり症に悩まされていますが、少しづつ変化して舞台で演奏できるようになってきています。

アレクサンダー・テクニークも、この心療内科の先生の話も、ブログを読んでレッスンに来てくれる人も、色々な人との関わりで起きる出会いや別れも、全部あって、私は少しづつ確実に進んでいます。

ときどき逆戻りしてしまったように思えるときもあるけれど、緊張は興奮するパフォーマンスと紙一重だということも実感できるようになってきました。

 

『緊張しているということは、いま自分が成長をする環境や場所にいるということ。』

自分が成長する局面にいる。

自分が大きく進むチャレンジの場所なんだと、自分が自分に教えてくれている。

もし今後演奏中に、緊張はネガティブなことだという意識が自分の中に湧いていると思ったら、こう変換していけるのだと思いました。

心療内科の先生の目から、あがり症がどう見えるのかを知り、緊張の違った面を見れました。

 

クラリネット宮前和美

 

 


あがり症について

1、あがり症と共に舞台に立つ。(動画)

2、◆緊張しに行くんじゃない。「好きなことをしに行くだけだよ。」

3、◆どうやってアレクサンダー・テクニークで、あがり症を乗り越える?



【ブログ更新をメールでお知らせ】

ブログ更新をメールでお知らせする機能があります。

不定期のブログですが、更新時にはメールでご案内できますので、

よろしければご登録お待ちしております♪



【レッスン・お問い合わせ】

 こんにちは!

アレクサンダー・テクニーク教師、クラリネット奏者の宮前和美です。

***

クラリネット専門のアレクサンダー・テクニークの教師は、

国内在住ではまだまだ少なく

今はバジルさんの活躍で金管楽器や吹奏楽部で

レッスンを受講している人が増えてきていますが、

これから木管楽器、クラリネットの世界にもアレクサンダー・テクニークが広がり、

幸せな楽器人生を過ごせる人が増えるよう、

アレクサンダー・テクニークからの視点やアイディアをプラスして

レッスン活動をしています。

都内、横浜中心にレッスンしていますので、

悩みの大きさ、レベル、経験関係なく、

一緒に上達していけたらと思っています♪

アレクサンダー・テクニーク教師新米な私の経験値を増やすつもりでも(笑)、

しばらくの間はレッスン見習い価格でいますので、

是非レッスンにいらしてください♪

みなさまのこれからの演奏のお役に立ちますように♪

***


【レッスン】

⚫︎個人レッスンは、主に横浜・都内で行っています。

⚫︎45分レッスン

⚫︎5,000円+スタジオ代

⚫︎お問い合わせフォームより、お申込み承っております♪

(吹奏楽部・管弦楽部の指導、出張も致します。)


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.