◆「もっと、すぐ、上手くなりたい!」という情熱と焦りがある人へ。 /0050

「上手くなりたい」という思いと探求力は、上達の原動力になるけれど、ときにそれが焦りを生む逆効果になることがあります。クラリネットを演奏する上ではわかっていたことですが、アレクサンダー・テクニーク教師としてレッスンスキルをよりアップしたいと思う私は、少しづつを最大限積み重ねるということと、原動力のバランスをうまく取れていなかったのでした。そんな私に対して、少しづつ、でも確実に、あなたは成長しているんだというメッセージが隠れた、女優でアレクサンダー・テクニークの先生とのレッスン。なんて、なんて、素敵な諭し方だったんだろう!

クラリネット奏者・アレクサンダー・テクニーク教師、宮前和美


 

もっとスキルアップがしたい!

 

「もっと『教えること』のスキルアップをしたい!」

 

という私のレッスン中に、突然A4の白い紙が手渡されました。

 

今年の7月、女優でアレクサンダー・テクニークの教師である、キャシー・マデン先生が来日したときのレッスンでの一コマです。

グループレッスンなので、そこに居合わせた生徒たちにも、それぞれ同じように白い紙が配られました。

 

「手で、ちぎって、その紙に穴を開けてみましょう。」

 

それぞれ生徒たちは、思い思いの形に穴を空けていきました。

 

私が「ティーチング(教えることを学ぶこと)」について見て欲しいと言って、しばらくレッスンをしているのを見てもらっていたのに、急にキャシーは白い紙はあるかしら?と、唐突に言い出したのでした。

この全くその意図が読めないままに、レッスンは急展開をしていきました。

私にとって、こんな風に工作みたいなことをするのは久しぶりで、A4の紙に開いたいびつな丸い穴と、千切った紙の切れ端が、手元にあるのがちょっと新鮮でした。

 


 

先生が意図していることはなんだろう?

 

何でキャシーは、こんなことをさせるんだろう?

でも、今までにハッとするような角度から、たくさんのアドバイスをしてもらってきたので、きっと私のためになる何かを教えようとしているはずだという確信はありました。

 

手元に穴の空いた紙はあるわね?

その穴から教室を覗いてみて?

 

 

 

紙に空いた穴を通して、みんな思い思いに見ています。

スタジオにいる人や風景や、話しているキャシーの姿が見えました。

目的がわからないままそうするには、幼稚園とか小学校に戻ったような、思い切った童心さが私には必要でしたが、そんな私の気持ちに気づいていたのかいないのか、お構いなしにキャシーは確固たる意思を持って、言葉を続けました。

 

その穴から見えるものが、今のあなたの見えることの全てかもしれない。

でも、何かを学んだと思ったときや知識が増えたとき、その分だけ紙をちぎって穴を広げるの。

それからもう一度教室を覗いて?

すると、さっきまでと見える風景が変わったわね。

 

 

 

 

物事を学ぶときには、その穴を広げるようなことが起きているの。

あなたは、知識や技術得ることで、見える世界を自分で変えていくのよ。

 

だからこの授業を通して、何かを学んだとか、何かに気づいたとか、知識が増えたと自分が思ったとき、実際に手元の紙をちょっとづつ破って穴を広げてみましょう。

もし良かったら1日通して、そうしながら「学ぶ」ということを考えてみて?

 

 

そんな提案をされ、そのままレッスンが終了しました。

きっと周りの他の生徒にとっては、レッスンが急展開し、当初の目的であった「教えること」のレッスンは結論が明確にされないまま、急な収束を見せた終わりだったと思います。

 

でも、そのときの私は、すっかり腑に落ち、納得していました。

うわー、そうか。

キャシーの意図はそういうことか、と。

 

ここにいる誰よりこのレッスンが身に染みて、理解して、私は完全に白旗、降参していました。

私にとって、いま一番必要な考え方であり、私に役立つはずというキャシーのメッセージに溢れているのを感じました。

 


 

少しづつを積み重ねる。

 

アレクサンダー・テクニークを教えることに限らず、専門的なものを学び始めたときには、経験や技術を構築している未熟な段階が始めにあります。

それは、「白い紙に開けた穴」というキャシーが比喩していた表現でいうと、小さなフレームを通して、広々とした世界を見ようとしている段階です。

始めはどうしても小さくいびつな穴であり、どんな風に、どれくらい学んでいるかによって、大きさも形も違ってくるし、それによって見え方が違い、見え方が限られます。

 

 

でも、広い世界を見れるようになるためには、その穴を少しづつ広げていく作業が必要。

 

キャシーもかつてそうやって少しづつ穴を広げて来たからこそ、今は「一体全体、何が見えているの?!」と思わせるようなアレクサンダー・テクニークのレッスンを繰り広げているのです。

 

誰もが、その穴を少しづつ開けている最中だということ。

 

でも私は、年に一度しか来日することがないキャシーがいるうちに、教える技術をたくさん学びたいと思って、もっといいレッスンができるようにどうにかしたい、つまり、穴を最大限たくさん広げるにはどうしたらいいの?と心の底で焦りながら、キャシーにレッスンして相談していたのが見抜かれていたのでした。

 

 

 

何かを学ぶことは、少しづつの積み重ねである。

 

面白いことに、自分の近くに、次元の違うほどのアレクサンダー・テクニークの先生、演奏家、音楽家がいることで、自分のレベルがグッと引き上げられ、穴がいきなり大きく広がることもあります。

楽器と同じです。

まだまだヒヨっ子教師という不安さえ、ぶつかってもビクともしない先生が近くにいることで、ワクワクや安心感に変わる。

 

「学ぶ」という不思議さも同時に感じました。

 

 


 

なんて素敵な教え方!

 

 

物事に取り組むときに、「上手くなりたい」という思いと探求力は、上達の原動力になるけれど、ときにそれが焦りを生む逆効果になることがあります。

クラリネットを演奏する上ではわかっていたことですが、アレクサンダー・テクニーク教師としてレッスンスキルをよりアップしたいと思う私は、少しづつを最大限積み重ねるということと、原動力のバランスをうまく取れていなかったのでした。

 

別のキャシーのレッスンで、こうも言われました。

 

あなたは「教えること」をレッスンしてもらおうと行動を起こす、向上心や探求力がある。

それをすることで、既にあなたのアレクサンダー・テクニークの教師として教える技術のスキルアップが起こっているのよ。

 

と。

 

向上心や探求力がともなった行動があるだけでもスキルアップは起こるということ。

そして成長は、知識や技術を得ることで、少しづつ、でも確実にしていくものだ、というメッセージが充満していたアレクサンダー・テクニーク教師キャシー・マデンとのレッスン。

 

 

なんて、なんて、素敵な諭し方だったんだろう!

 

 

 


 

一番ベストの方法で学べるように仕向ける、という指導。

 

「物事を極める。」

という取り組み方がレッスンの肝でしたが、さらに上の次元では、

 

「先生として生徒(私)に教えたいことを、一番ベストの方法で学べるように仕向ける。」

というキャシーの手腕の凄さがありました。

 

直接的でないことで伝わらない可能性があったのに、「紙に穴をあける」という間接的な比喩のようなレッスンの仕方を選んでいたにも関わらず、むしろ結果として私にはズバッとキャシーの教えたいことが伝わってきました。

 

「生徒へ教えたいことを伝える」方法に、多種多彩なバリエーションがあり、その選択肢の中から、生徒を見ながらベストを選んでいるということ

 

まさに見事に鮮やかにその手腕を見せられたなと感じました。

指導については、世の中には色々なやり方があります。

 

手元にある穴の空いた白い紙。

 

とても斬新で印象的な方法でした。

だからこそ、上達することとは、指導とはどういうことなのか、私にとって心の深いところで忘れられない学びになったのだと思います。

 

 

クラリネット奏者・アレクサンダー・テクニーク教師

宮前和美

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.