◆「形容詞」で表現しがちな、音楽家の常識をくつがえせ! /0031

 

楽譜に書き込まれた、楽語や表情記号。それをヒントにして、物語や人物、風景、色合いなどを想像をすることは、演奏表現のアイディアとして有効です。でもそのアイディアを、あと少し掘り下げ、もっとパフォーマンスが生きる、演技の世界のアイディアを教わりました!去年(◆多くの音楽家が教わってこない、パフォーマンスのこと)に続き、音楽の世界の常識から離れ、ハッとさせられた、女優であるアレクサンダー・テクニークの先生とのレッスンです。

クラリネット宮前和美


演技の世界と、音楽の世界。

 

演技の世界と、音楽の世界。

芸術というひとくくりにしてしまえば、同じ世界ですが、パフォーマンスにどう関わるかという考えは、私が携わる音楽の世界より、演技の世界の方が進んでいて積極的であるということがわかってきました。

それは、アレクサンダー・テクニークの先生であり女優のキャシー・マデン先生のレッスンを受けて伝わってきて学んだものなので、それを断言できるかは確かではありませんが、私が音楽の世界にいて知らなかったことを、いくつも教わったのでそう感じます。

去年に引き続き(◆多くの音楽家が教わってこない、パフォーマンスのこと)、今年も来日中のキャシーの考え、その中の一つを書いてみます。

 


形容詞、形容動詞

 

私たちは見えない音や音楽を、言葉でどんな風に表現しているでしょうか。

無意識すぎて、それをキャシーに指摘されるまで全く意識していませんでしたが、指摘されてから、本当にそうだと気づきました。

 

『音楽家は、「形容詞」で、音楽を表現しようとしている。』

 

楽語がそれを顕著に表していました。

 

agitato アジタート 激しく
amabile アマービレ 愛らしく
appasionato アパッショナート 情熱的に
brillante ブリランテ 華やかに
cantabile カンタービレ 歌うように
comodo コモド 気楽に、程良く
con brio コン・ブリオ 生き生きと
con espressione コン・エスプレッショーネ 表情を込めて
con fuoco コン・フォーコ 熱烈に
con sentimento コン・センティメント 感情をこめて
con spirito コン・スピリト 元気に
dolce ドルチェ 柔和に、優しく
espressivo エスプレッシヴォ 表情豊かに
legato レガート 滑らかに
leggiero レッジェーロ 軽く
maestoso マエストーソ 荘厳に
marcato マルカート はっきりと
pastorale パストラーレ 牧歌風に
risoluto リゾルート きっぱりと、断固として
scherzando スケルツァンド おどけて
tranquillo トランクィロ 静かに

 

優しい音色、荘厳な響き、華やかなサウンド、寂しげなpp、情熱的に歌う、明るいハーモニー……

 

実は、音楽家が日常使っている表現の考えは、ほとんど形容詞や、形容動詞なのです。

音楽を共有し、言葉で伝えようとしたときに、ごく自然に使い、聞いてきた表現です。

 


「形容詞」と「感情」は、結果起こるもの。

 

でも、キャシーのパフォーマンスの考えでは、この「形容詞」や「感情」は、パフォーマンスのための具体的な動きや具体的な表現の指示をするときには、うまく使えないと言います。

なぜかというと、「形容詞」と「感情」は、何かの結果起こるものだから。

 

例えば「悲しい」という想いは、それが先にあるのではなく、必ず何らかのストーリーがあり、悲しさが生まれたり、悲しみを感じたりするに至っています。

悲しみを生み出す「動詞」をなくして、もしくは、それを考えずして、「セリフ」や「音楽」は生きてこない。

 

【悲しい】

 

心がしめつけられるように悲しいと思ってその一音を奏でるか。

金木犀が大好きだった母の面影を思い出し涙が溢れてしまう、その金木犀の匂いをブレスで嗅ぎ、一音を奏でるか。

 

【暗い、葬送】

 

暗い葬送の場面と知って、カデンツを吹くか。

死者の魂を天国まで音で導いていく、として一音一音カデンツを吹くか。

 

【明るい、楽しい】

 

楽しい明るい恋の歌詞だと思いながら歌うか。

15歳の少女に向かって、恋愛の先輩として恋の経験を語ると思い歌うか。

 

 

【強い、華やか】

 

強い華やかなファンファーレを吹くか。

聴いている人たちに音で敬礼してまわると思い吹くか。

 

 

形容詞のアプローチと動詞のアプローチでは、全く違う音が出てくると思います。

どんな具体的な動きをすれば、その「形容詞」や「感情」が生まれてくるのかに創造性を働かせ、それによってリアルな表現をしていくのがパフォーマンスであり、パフォーマーであるということ。

作り出すストーリーや行動については、何が正しいということは全くなく、自分にとって、次に起こる感情を結果として呼び寄せるもの。

 

 

『具体的な「動詞」を作るのよ。』

 

 


役者が「セリフ」を生み出すように。

 

なるほど。役者はそうやって自分から「セリフ」を生み出しているのか!

 

音楽家は、形容詞に浸ってきたので、慣れていない動詞によって「音楽」を生み出そうとしたとき、多くの音楽家たちも同じく、考え方が感覚や感情に引き寄せられてしまいがちであることに、色々な人のレッスンを聴講し気づかされました。

演奏者も含め、俳優、ナレーター、ミュージカル役者、ダンサーなどの表現者のレッスンで、キャシーはそのパフォーマンスをより生かすときに、ストーリーの中から「動詞」を作り出し、それを使うように提案し、見違えるような音や動きを引き出していきました。

 


楽語や表情記号。

 

楽譜に書き込まれた、楽語や表情記号。

それを見たときに、どんな物語や登場人物がいるのか、どんな自然の風景なのか、どんな絵の具の色合いなのかという想像をすることは、演奏表現のアイディアとして有効です。

でも、そうやって想像したアイディアをあと少し掘り下げて、その感情が生まれるための、動きを作り、その「動詞」を使って具体的に音を出すことに繋げ、その「動詞」を使って演奏する。

それが、結果としてその楽語の表情や表現を生み出す。

 

とても納得できることでした。

今年のGWに、アレクサンダー・テクニークの学校(BodyChance)の合宿があり、キャシーの演劇についてのワークショップをたくさん受け、欧米の演技の世界には、パフォーマンスをメソッドや学問として学ぶ土台があるのだと知り、音楽の世界にはないその考え方は、音楽にも必要で色々取り入れられるものがあると感じました。

今回の話は、ある意味、音楽家の常識をくつがえすような考えで、ハッとさせられたキャシーの教えです。

 

「形容詞」や「感情」は、「動詞」があった結果として起こる。

今後、演奏に生かしていきたいと思います。

 

 

クラリネット宮前和美

 


【忘れられないレッスンシリーズ】

1、◆アンサンブルが乱れたら、「2」だけ多く自分を褒めること。/0009

2、◆多くの音楽家が教わってこない、パフォーマンスのこと /0004

3、◆緊張しに行くんじゃない。「好きなことをしに行くだけだよ。」 /0010

 


『キャシー・マデン著書』

『キャシー・マデン著書 「オンステージ・シナジー~演技者のためのアレクサンダー・テクニーク実践」』(邦訳未出版)


【レッスン・お問い合わせ】

 こんにちは!

アレクサンダー・テクニーク教師、クラリネット奏者の宮前和美です。

***

クラリネット専門のアレクサンダー・テクニークの教師は、

国内在住ではまだまだ少なく

今はバジルさんの活躍で金管楽器や吹奏楽部で

レッスンを受講している人が増えてきていますが、

これから木管楽器、クラリネットの世界にもアレクサンダー・テクニークが広がり、

幸せな楽器人生を過ごせる人が増えるよう、

アレクサンダー・テクニークからの視点やアイディアをプラスして

レッスン活動をしています。

都内、横浜中心にレッスンしていますので、

悩みの大きさ、レベル、経験関係なく、

一緒に上達していけたらと思っています♪

アレクサンダー・テクニーク教師新米な私の経験値を増やすつもりでも(笑)、

しばらくの間はレッスン見習い価格でいますので、

是非レッスンにいらしてください♪

みなさまのこれからの演奏のお役に立ちますように♪

***


【レッスン】

⚫︎個人レッスンは、主に横浜・都内で行っています。

⚫︎45分レッスン

⚫︎5,000円+スタジオ代

⚫︎お問い合わせフォームより、お申込み承っております♪

 

 

2 Comments on ◆「形容詞」で表現しがちな、音楽家の常識をくつがえせ! /0031

  1. ATには演劇の考え方がベースにありますよね。よく「相手を招待する」と言いますが、それも演劇から来た考え方かなと思います。
    スタニスラフスキーシステムやメソッド演劇など、演劇の考え方をセリフを持たない器楽に応用できないか、興味があって調べています。熟達した奏者ほど、思考している内容が音程やフレージング、奏法についてイメージが強すぎるのか、”自分という役”の存在、いろんな役、行動があっていいという多様性を許す雰囲気がぽっかりと抜けているような気がします。

    • hirokihasegawa様
      コメントありがとうございます。
      もう器楽との応用について調べていらっしゃるんですね!!
      おっしゃる通り「招待する」「招く」というものが、スタニスラフスキーシステムなどの演技理論が元になっているのかもしれないと、最近別の方にも伺ったばかりでかなり興味を持ったところでした。
      確かに専門性を深めていく方向が、日本ではより楽器の専門家という傾向が強いのかもしれないですが、音楽家の中には、何色もの音色を使い分け、音であたかも何役も演じたり、セリフをしゃべったりするような人もまたいて、そんなプレーヤーの演奏を聴けたときには本当に感動します♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.